2008/3 開催

第34回 歌舞伎史に残る東西両雄の共演

当サロンでは、過去2回にわたって歌舞伎をテーマに勉強しましたが、ついに歌舞伎座へ進出です。歌舞伎界のみならず芸術界の最近のビックニュースといえば、歌舞伎400年の歴史上初、歌舞伎座で東西の両雄、市川團十郎(成田屋)と坂田藤十郎(山崎屋)の共演です。
●ニュース記事はこちら
http://www.kabuki-bito.jp/news/2008/02/__photo_66.html


市川團十郎といえば、超人的なヒーローを鮮やかに演じる荒事の創始者。方や、坂田藤十郎といえば、人間の感情を細やかに表現する和事の創始者。両雄がどんな共演ならぬ競演を見せてくれるか、各界の注目の的です。
さらにまた、現在の歌舞伎座は近代的なビルに改築されることが決定していますので、歴史的建造物としての歌舞伎座に足を運ぶ残り少ない機会でもあります。

当サロンでは、両雄が共演する舞台公演の席を特別に確保いたしました。ふるってご参加下さい。ただし、話題沸騰の公演だけに、確保した席の数に限りがありますので、定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。

会場
歌舞伎座(中央区銀座4-12-15)
日時
2008年3月15日(土)
集合
16:00 歌舞伎座前
開演
16:30
会費
10,000円(チケット代・公演後交流会の飲食代込み)